起業・フリーランスについて

なぜ「お金」を追い求めるのか?

こんにちは!みずかです。

皆さんは、お金、好きですか?

ちなみに私は大好きです!!!笑

 

というのも、お金があると自分の好きなものが買えたり、心に余裕が生まれますよね。

 

毎月カツカツで、食費を切り詰めてなんとか生活…ってしてるよりは、身も心も大いに健康になると思います。

 

ただ、自分が「お金」を追い求める理由って深掘りすると、もっともっとあると思うんですよね。

 

生まれたときから大金持ちで、欲しいものはなんでも与えられて、なに不自由ない生活をしてた人は「お金ほしい」って思わないはずなんです。

 

逆に言うと、「お金ほしい」という感情は自分が過去に「お金がなくて困った」経験があったから。

 

今日はそんな、私が考える「お金」について話していこうと思います^^

 

私の1番の理由は、「家庭」だった。

 

私の場合、一番大きな理由は「家庭」でした。

 

一般家庭に生まれて、大学まで行かせてもらえて、正直、「特別不幸を抱えた子ども」ではなかったと思います。

 

ただ、一般家庭でも子どもが二人いると学費がかさんで、両親に重くのし掛かっていました。

 

特に私が通っていたのは私立文系だったので毎年学費だけで100万近くかかってました。

 

100万の学費…
当時はイメージできなかったけれど、
毎月8万以上学費で飛んでいたわけです。

 

月8万の出費も、子どもが二人いると合計16万円…

 

学費だけで、毎月。

 

自分でお金を稼ぐようになって気づきますが、ゾッとしますね。

 

「大学高い」の言葉が身に染みて感じます。

 

一方そのころ、
両親の収入はどうだったのか。

 

昔は年功序列で収入も右肩上がりでしょうが、今は違います。

実力がなければ収入は減るし、40代すぎてから肩たたき、リストラの危機…

なんてのもざらにあります。

 

そして、私の父はまさに「リストラの危機」でした。

 

バリバリの営業マンでも、仕事熱心なわけでもなく、収入は右肩下がり、母親がパートにいく回数も増えていきました。

 

そしてついに、母親が深夜もパートに行くようになってから、「うちってやばいんだ」ってことに気づきはじめます。

 

と、同時に父を憎むようにもなります。

 

お母さんは夜中まで働いてるのに。なんでこの人は家でテレビ見てのんびり笑ってるんだろう…。

 

私の父親嫌いは高校あたりから加速しました。

当時はほとんど口もきかず、挨拶すらしませんでした。

父と母もほぼ会話しないし、たまに両親が家にいても、必要な会話だけしてあとは部屋にこもる生活。

 

この頃くらいから、「私がお金を稼ぐ」という意識がすごく強くなります。

 

もっと、お金があれば。

父と母はお金で揉めなかったかもしれない。

家にもっと会話があったかもしれない。

お母さんは深夜までパートしなくても良くなるかもしれない。

家にもっと笑顔が増えるかもしれない。

 

私は家族が大好きです。
父とも険悪でしたが、父も好きです。

なので、家族には笑っていてほしかった。

もし、私が家庭を持つとしたら。

 

こんな思いは、自分の子どもには
させたくない。

 

お金を気にして
気を使ってほしくない。

 

夜は家にいるお母さんになりたい。

 

休日は、子どもとの時間を
ちゃんと作ってあげたい。

 

私は、ガツガツ働くママじゃなくて家でゆったり笑ってるママになりたいのよ。

 

そのために、今、がんばる。

この仕事は、自分次第だ。

自分の都合で仕事を入れる事も
ゆるめることもできる。

最高だ。

家族とお金のことで揉める人が
少しでも減りますように。

そのためにも、私がロールモデルと
なれたら嬉しいな。

 

あなたがお金を追い求める理由はなんですか?

 

一度、自分と深く向き合うと、

答えが見つかるかもしれません(*^^*)

メルマガもやってます

新しく、メルマガを始めました!!!

メルマガでは、個人で稼いでいく上で必要な知識をメインにお話していきます。

私が独立してから

・具体的にどのような行動をとって

・どのように収入の柱を増やして

・「個」の時代を生きるために、どんな戦略を立ててきたか

と言った話を、メルマガでは赤裸々に公開しています。

また、メルマガ登録者様には

「個の時代を生き残る秘訣とネットビジネスの全て」

をまとめた50Pのレポートをプレゼント中(*^^*)♡

「稼ぐのは難しい」「才能がないと生き残れない」

と言われる、苦しい独立の道。

それでも、正しい方向に歩んでいけば

きちんと収入の柱を構築し、地に足つけた個人ビジネスができることを証明します。

 

メルマガの詳細はこちらから